名古屋を代表する"男のための美容室"DAZZLE hair H 代表 中森健介のオフィシャルBLOG固定観念を捨て、常識にとらわれない、メンズ美容室ブログ

マーケティング

サロンの現状と主な課題。

その前に、不具合が解消されました!

ご迷惑をお掛けして、申し訳ありません。。

DAZZLE hair H ってなに??って方は、こちら↓をご覧ください。

(不具合解消バージョンです。)

C360_2015-10-30-13-01-37-729

【 “無名状態美容室”有名じゃねーから説明してみた!! 】
http://dazzle-nakamori.com/2015/11/08/270/

さて、本題です。

サロンの現状と主な課題

について、

皆さんも、ちょっとは感じていると思いますが、

今後、我々の業界は、どう変化していくんでしょうね。

human-567566_640

日本の総人口は2050年には、1億人を割り込み9,708万人。

その後もさらに減少を続け2060年には、9,000万人を切ると推計されている。(2015年版高齢社会白書より)

と、言うように

今後、人口はどんどん減少していく。

(もちろん、皆さんご存知だと思います。)

一方、美容室の数は、

平成26年3月末現在の美容所数は、23万4,089施設で前年度比1.3%の増加となっている。(衛生行政報告例より)

と、言うように

美容室は、まだまだ増加傾向にある。

(どこまで増え続けるのか…)

また、理容室の数は、

平成26年3月末現在の理容所数は、12万8,127施設で前年度比1.6%の減少となっている。(衛生行政報告例より)

(数は減っていますが、メンズ市場は拡大傾向にあります。)

美容室、理容室を合わせて、約36万店舗

ちなみに、コンビニの店舗数は、約5万店舗

コンビニに比べて、理美容室は、約7倍もの店舗数です。

1軒のコンビニの周りに、7軒のサロンが取り囲んでいると想像すると、スゴっ!!

要するに

「人口の減少とともに売上は下がります。」

「美容室数の増加とともに売上は下がります。」

と、いうことです。

でも、そんな先のことを考えても仕方ありません。

「今、何がやれるか!」が重要だと思います。

のんびりしている暇はないです。

今後も益々、美容室格差は広がっていきます。

(これ↓天国と地獄…)
stairs-735995_640

少子高齢化で起こっていること

(あくまでも、僕の見解ですが、、)

多数の高齢者は、低・中料金サロンへ

少数の若年層は、オシャレなサロンへ

多数の団塊ジュニアは、自分に合ったサロン

 

自分に合ったサロンとは?

多数の高齢者は、行きなれたサロン。

少数の若年層は、デザイナーズサロン。

多数の団塊ジュニアは、居心地のいいサロン

 

居心地のいいサロンとは?

空間はもちろん大事ですが、空間とは別に

・何でも相談できる。

・すべて任せられる。

つまり、『安心感。』のあるサロン。

(大事ですよね。『安心感。』 最近の傾向をみても、女性のお客様に対して、女性美容師さんの支持率が上がっているのも納得できます。)

 

労働環境

平成25年 日本人全体の平均年収:414万円(国税庁より)

平成26年 美容師の平均年収:263万円(年収ラボより)

この数字を見て、皆さんはどう思われますか?

これについて、言いたいことはたくさんありますが…

僕は今回、ただ一言。

「夢が無い。」

に、留めておきます。

やはり、労働環境を整備しなくては、

「人は育ちません。」

 

よく言われるのが、この3つ。

『給与』『福利厚生』『休日』

です。

【給与】

所得水準のUP(基本給のベースUP、賞与など。)

【福利厚生】

社会保険の完備(マイナンバー制度導入、スタッフ求人、雇用責任など。)

【休日】

年間休日の増加(有給休暇など。)

と、いったように様々なハードルをクリアしていかなければいけません。

労働環境を改善するには

『高客単価』『高生産性』

を目指すしかない!!!

まずは、

生産性100万円(美容売上70万円+店販売上30万円)

そんなに、無理な数字じゃないですよね。

heaven-740392_640

俺たちの未来は明るいぜ~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

友達リクエスト、メッセージは、お気軽にしていただければと思います。
些細なことでも構いませんので、ご遠慮なくご連絡ください。
「いいな」と思っていただいた記事は、遠慮なくシェアしただければ幸いです。
ひとりでも多くの方に記事を読んでいただけたら、凄く嬉しいです。
お気軽にお願いします。
ダズルヘアーエイチ中森が提案する、少しでも理美容業界の役に立つ前に、
『目の前にいる、スタッフを幸せにしないと何も変わらない!』という思いを込めて、
常識にとらわれない、メンズ美容室ブログでした。

LINE`友だち追加

Instagramをフォローする

Instagram
あなたもダズルヘアーエイチで一緒に働きませんか?