名古屋を代表する"男のための美容室"DAZZLE hair H 代表 中森健介のオフィシャルBLOG固定観念を捨て、常識にとらわれない、メンズ美容室ブログ

マーケティング

床屋に勝機あり!?Barber人気は本当に来る!のか?!な?

ドーン。

barber-161615_640

 

皆さんこれ↑ご存知ですよね。

はい。床屋さんのマーク。

正式には、「サインポール」と言います。

「サインポールのことをもっと詳しく知りたい!」という変わった方は、こちら↓をご覧ください。

http://matome.naver.jp/odai/2138787406867721301

本当に来んのか!?Barber人気。

理容業界では、

「Barber人気が来る!」と、ここ2,3年言われていますが、

皆さん、ご存知ですか?

僕は、もちろん耳にしたことはあります。

でも、Barber人気が来てる!って感じたことはないです。。

名古屋にもその気配は、まったくありません。

お客様に

「今、Barber人気なんですよ!」

「知ってました?」

と、尋ねると、

皆さんきまって、

「え、そうなの??」

「ぜんぜん知らなーい。」

って、感じです。。

これは、理容業界だけが言っていることなのでしょうか。

まだまだ、一般の方には浸透していないようです。

グルーミングサロンは少しずつ増えてはいますが、

しかし、今後はどうなっていくのでしょうか?

shaving-954420_640

これからは、メンズの時代。

一方、

美容業界では、

ここ数年、これからは、「メンズの時代です。」ってよく言われます。

「本当ですか?」

「もともと日本人口の約半分は、男性なんですけど~、、」

「女性のお客様だけでは、なかなか売上が伸びなくなってきているから、言ってんじゃねーの?!」

なんて、僕は思っていました。

理容は、「これからは、Barberがきますよ!」

美容は、「これからは、メンズがきますよ!」

(どっち?どっちなん??)

まっ、同じ男性でもターゲットが違うんでしょうね。

でも、ここ数年、「確実に風向きはメンズに向いている。」と、感じます。

まっ、それは、メンズ美容室をやってるからなんですが、

10年前と比べると、「男性の美意識」「男性のサロン選びの基準」「男性の美容室離れ」など、

感じることは、たくさんあります。

『綺麗男(キレオ)』や『サバ美ーマン(サバビーマン)』などといった言葉も出て来ているくらいなので、

今後も男性に注目が集まりそうです。

床屋に勝機あり!!

まずは、このデータをご覧ください。

〈!〉注目するべきところをピックアップしています。

《普段利用するお店のタイプ》

理容室のみ利用している:64.7%

美容室のみ利用している:28.3%

両方利用している:7.0%

 

《美容室の利用をやめた年齢》

20代:40.6%

30代:29.8%

 

《美容室の利用をやめた理由》

美容室は値段が高いので:39.7%

美容室はヒゲを剃ってくれないので:27.7%

 

(全国理美容製造者協会 サロンユーザー調査2013年度版より)

どうです?

美容室のみ利用している方は、約3割しか実はいないんです。

20代は約5割。

50代になると約1割しか、美容室の利用率はないんです。

(もともと床屋の方が、人気あるんじゃないの??)

それと、美容室の利用をやめてしまった年代のトップが20代って驚きませんか?

30代になって、「女性ばかりの美容室に行きにくくなった。」「薄毛が気になりだして…」などといった理由で、

美容室離れをする方が多いと思っていましたが、違うんですね。。

しかも、美容室の利用をやめた理由は、

「美容室はヒゲを剃ってくれないので」が約3割。

ここに床屋の勝機あり!!

barber-1007878_640

床屋最大の武器「顔剃り。」

これをどう活かすかですね。

近い将来、理容と美容は統合されると言われていますが、

ひとつのサロンで、理容師と美容師が一緒に働けるようになると、

若い理容師さん達は、床屋or美容室どちらで働きたいと思うでしょうか?

また、美容室側も理容師獲得に向けて動いてくるかもしれません。

そうなると益々、淘汰されることが予想されます。

それまでには、何でもいいので、結果を出さないといけないですね。

barber-1007875_640

床屋とBarber。

皆さん、床屋とBarberの違いってわかります?

正解は、

床屋を英語でいうとBarberですw!

でも、僕が思うイメージは、

床屋=古臭いイメージ。

Barber=スタイリッシュ、プロフェッショナルなイメージ。

なんですよね~。

(なんでだろう?英語だから?)

わかりませんが、、僕はそういうイメージです。

barber-1017457_640

Barber人気は来る!

僕は正直、来ると思います。

ただ、、

今ある床屋さんが流行るということではないです。

僕の見解ですが、

40代から50代の年齢層には

オシャレBarberは、流行る!と思います。

(オシャレBarberですよ!ただのBarberじゃないですよ!)

「エイジング」「薄毛」は、外せないキーワードになるでしょう。

しかし、10代から20代の集客は難しいと思います。

理由は、

一般の方が想っている

サインポール=床屋に対するイメージ。

つまりは、床屋に対する『固定観念』です。

(何となくわかりますよね。)

これを払拭しない限り、難しいのでは、、

僕の知り合いには、サインポールにプライドをもって理容をされている方もたくさんいますし、

名刺にもドデカいサインポールを入れている方もいます。

これぐらい理容師にプライドをもってやらないとダメですし、

オシャレなBarberさんがたくさん増えるしかないですね。

最近では、サインポールを小さくしたり、色を変えたりしているサロンもあります。

若い世代を集客したいなら、美容室っぽくつくり込んだ方が早いです。

3割を狙う!

上記のデータで、美容室のみ利用している方が全体で約3割。

この3割をターゲットにできるサロン。

これは、美容室にも脅威に成り得る可能性を秘めています。

狙うならここです。

barber-923334_640

どこに向かう?

男性の皆さんは、この先どんなサロンに行きますか?

【床屋】?

【美容室】?

【Barber】?

僕なら、どれにも行かないと思います。

僕が行きたいサロンは、

【次世代型メンズサロン】です。

基本は、「美容室」。

技術は、「美容室」と「Barber」の融合。

メニューは、「男性に特化したオリジナルメニュー」。

簡単にいえば、こんな感じです。

よりこれからの男性が行きたい!と思えるサロンを僕もつくります。

あと5年。

メンズは美容業界において、ブルーオーシャンなんて言われていますが、

遅くてもあと5年で、レッドオーシャン化してくると予想しています。

男性の市場拡大は、どの業界でも起こっていますし、

やり方によっては、単価も必ず上がってきます。

客単価15,000円も夢じゃない!

僕はそう信じています。

理容、美容に関係なく、メンズの価値を上げていければと思います。

メンズ市場は、わくわくが止まりませんね~。

常識にとらわれず爆進していきましょう!

15-10-25-21-51-03-243_deco

友達リクエスト、メッセージは、お気軽にしていただければと思います。
些細なことでも構いませんので、ご遠慮なくご連絡ください。
「いいな」と思っていただいた記事は、遠慮なくシェアしただければ幸いです。
ひとりでも多くの方に記事を読んでいただけたら、凄く嬉しいです。
お気軽にお願いします。
ダズルヘアーエイチ中森が提案する、常識にとらわれない、メンズ美容室ブログでした。

LINE`友だち追加

Instagramをフォローする

Instagram
あなたもダズルヘアーエイチで一緒に働きませんか?