名古屋を代表する"男のための美容室"DAZZLE hair H 代表 中森健介のオフィシャルBLOG固定観念を捨て、常識にとらわれない、メンズ美容室ブログ

マーケティング

さっ、どうやって売上あげる??

以前、投稿した記事の続きです。(以前の記事はこちら↓)

heaven-740392_640

『サロンの現状と主な課題。』

http://dazzle-nakamori.com/2015/11/11/405/

これを実現するには、

「売上を上げ続ける!」ことです。

今後も売上を上げていくためには

どうしたらいいのでしょうか。

【技術単価を上げる。】

【店販商品売上を上げて、客単価を上げる。】

【トータルビューティー化する。】

【来店サイクルを縮める。】

【新規客を獲得し続ける。】

まだまだ、ありますが、簡単に思いつくのがこれくらいでしょうか。

皆さんは、どれを選びますか?

僕なら・・・

全部!

当たり前ですよね。

なぜなら、

その1。

「店販売上を上げることによって、お客様がサロンで一度に使う金額が増える。」

これにより、

「カット料金¥1,000ぐらい上げてもお客様は動じない。」

(これ↑無理ありますかねぇ…もちろんサービスの向上も忘れてはいけません。)

その2。

「来店サイクルを縮める。」

そのために、

「トータルビューティー化する。」必要性があるということです。

現に美容室は、アイラッシュ、ネイル、エステなどをインナーサロンで行っています。

トータルビューティー化することによって、

「ヘア」以外のメニューで来店サイクルを縮める。

そして、

「次回予約に繋げる。」

これだと、「感動レベル」を下げることなく次回来店に繋げることができるので、

お客様の「満足度」を上げ、サロンとの「信頼関係」が築いていける。

(もちろんリスクも大きいと思いますが、、、)

その3。

「新規客を獲得し続ける。」ことができなければ、

「人が育たない。」

「スタイリストの売上が上がらない。」

「求人ができない。」

「スタッフの給与が上がらない。」

「離職に繋がる。」

など、

「サロンの存続。」さえも難しくなります。

 

だから、「全部!」やらないといけません。

(って、ことになりますよねぇ~。)

think-622165_640

何からやる?

いきなり「技術単価を上げる」のは、勇気が要りますし、

「トータルビューティー化」は、サロン規模によっては難しいかと思います。

「来店サイクルを縮める」と「新規客を獲得し続ける」は、

ありとあらゆる手を使い、皆さん努力されていると思います。

僕のお勧めは、『店販』です。

なぜなら、どんなタイプのサロンでもできるからです。

あとは、「即効性」と「持続性」があるからです。

「店販」のメリット。

時間をかけずに売り上げが、上がる。

まさに奇跡です。

同じ時間、同じ人員で客単価を上げることができてしまう。

メニュー数を増やしても、習得するのに時間が掛かり、

施術時間も掛かってしまう。

売上は上がると思いますが、生産性は上がりません。

アシスタントが唯一、売り上げを上げることができる。

経営者の皆さんは、アシスタントさんがデビューして売上を上げられるようになるために

いくら投資をすればいいんでしょうか。

3年でデビューしたとしても、年間240万円×3年=720万円。

サロンに貢献するには、だいたい月間80万円の売上がいるといわれています。

月間80万円上げるまでにも、人件費は掛かります。

まさに奇跡です。

アシスタントが勝手に自分の給与を稼いでしまうんです。

商品売上800万円の場合、粗利益3割として240万円。

まさに奇跡です。

アシスタント1人分の1年間の人件費です。

毎年、1人多く求人採用できてしまいます。

サロンの成長速度も上がりますね。

スタッフに還元できる。

まさに奇跡です。

いつも頑張ってくれているスタッフに

ボーナスを支給できてしまい

さらには、海外研修などにも行かせてあげることができる。

まさに神です。

労働環境が良くなる。

まさに奇跡です。

年間休日が増加でき、スタッフ大満足。

社会保険も完備で、スタッフ安心。

社員旅行だって、すべて会社負担で行けちゃうんです。

まさにリゾートです。

サロンの価値が上がる。

まさに奇跡です。

「店販商品」を購入されたお客様に感謝されるのです。

理美容師=髪のプロとして、しっかりお客様と向き合うことができます。

お客様は、どんどんキレイになっていきます。

まさに魔術師です。

TENPAN is GOD

「店販」ってスゴいですよね。

スタッフの未来のために

理美容師の未来のために

未来の理美容師のために

「高客単価」「高生産性」は必須条件です。

つまり、

『価値提供型サロンには、店販は不可欠。』

って、ことが言えるのではないでしょうか。

 

少しは「店販の魅力」伝わりましたか?

お客様がキレイになることが、私たちの喜びなんですよね~。

(うちは、メンズ美容室なんで、ハゲないことが喜びです!)

なんちゃって、、チャン、チャン。

(叱られるわ~。。。)

15-10-23-12-11-19-980_deco

友達リクエスト、メッセージは、お気軽にしていただければと思います。
些細なことでも構いませんので、ご遠慮なくご連絡ください。
「いいな」と思っていただいた記事は、遠慮なくシェアしただければ幸いです。
ひとりでも多くの方に記事を読んでいただけたら、凄く嬉しいです。
お気軽にお願いします。
ダズルヘアーエイチ中森が提案する、常識にとらわれない、メンズ美容室ブログでした。

LINE`友だち追加

Instagramをフォローする

Instagram
あなたもダズルヘアーエイチで一緒に働きませんか?