名古屋を代表する"男のための美容室"DAZZLE hair H 代表 中森健介のオフィシャルBLOG固定観念を捨て、常識にとらわれない、メンズ美容室ブログ

ブログ

1カ月半休んで感じたこと【オレが死んだら、お客様たちはどっかで髪切るんだよ!】

2016年。

正に厄年。

最悪なスタートでしたが、、

wpid-c360_2016-01-05-17-04-32-031.jpg

仕事始めだというのに…【本当に申し訳ございません。】

http://dazzle-nakamori.com/2016/01/05/1060/

あの悪夢から、1カ月半。

「こんな長い休み。もぅ、ないんだろうなぁ~。。」

(寂しい。。。)

なんて思いつつも…

やっと明日、復帰できるわけですが、

この休みで感じたこと

正確には、43日間。

正月休みも合わせると、47日間もの長いロングバケーションでした。。

(もちろんこの間に海外などには行っておりません。)

この間、感じたことは、

オレが居なくても大丈夫。

これが正直な感想です。

中森不在の1月の売上は、対前年を上回っていました。

(素晴らしい!)

(オレの居場所が、なっ、、ないっ、、、)

wpid-c360_2016-01-09-19-19-43-962.jpg

みんな成長しているなぁ~、

と、つくづく。

環境は人を成長させる。

って、ことですね。

今の現状を受け止め、

「やるしかない。」

という、ある種、

「諦め。」

「開き直り。」

の精神は、

やはり、人を成長させる。

プレッシャーも、もちろん有ったと思います。

やはり、

人間っていう生き物は、

自らの現状の中に極限状態をつくり出すことにより、

潜在能力が発揮される生き物なんですね。

自分自身も

ハサミが握れないという状況で、

ある意味「開き直り。」

スタッフにすべて、

「任せる。」

ということを学びました。

今回、自身の不注意でこのような状況を招いてしまいましたが、

今となれば、

「これも有り!」

だったかと。。

でもその反面で、

ストイックになりすぎない

ってことも、大事だと。

美容師として、

特にスタイリストとしての仕事の第一は、

「売上を上げること。」

だと、いつもスタッフに言っています。

「後輩のためにも」

「家族のためにも」

「会社のためにも」

「お客様のためにも」

そして何よりも、

「自分のためにも」

「美容師として、自分に関わるすべての人達のためにも」

スタイリストの仕事は、

「売上を上げること。」

売上を上げて、正当な報酬をいただく。

でなきゃ、自分に余裕なんてもてませんからね。

でも、

あまりにも目の前の数字にとらわれすぎると、

「周りを見失ってしまう。」

自分のことばかり考えて、

思うように売上が上がらなくて、

疲れてしまう。

そして、

「自分さえも見失う。」

これでは本末転倒。

ストイックにならなければいけない人と、

ストイックになりすぎてダメになる人がいるので、

一概にはいえませんが、

ストイックになるのは良いことだと思います。

しかし、

ストイックになりすぎるのは・・・

有能な美容師さんであれば、こんなことはないでしょうけど、

不器用な美容師さんも少なからずいると思います。

(ウチのスタッフは不器用な方です。。)

美容師として、スタイリストして、

やるべきことをすべてやるのは最低条件。

「やれることは、これですべてですか?」

「もぅ、これ以上ないですか?」

を常に自分に問いかけ、

「スピード感」をもって、

いくつもの課題をクリアしていって欲しいと思います。

肩の力を抜いて頑張ればいい。

また今回、中森指名のお客様を施術するのは、少なからずプレッシャーだったと思うのですが、

スタッフがテンパったり、空回ってたりすると、

『オレが死んだら、お客様たちはどっかで髪切るんだよ!』

「だから何があっても気にすんな!」

これぐらいの気持ちで、肩の力を抜いて頑張って欲しいと思い声をかけました。

(そう簡単には死にませんけどねw)

スタッフ達は、これをいいふうに捉えて頑張ってくれましたが、

これは一歩間違えば、

「あなたが居なくなろうが、美容師を辞めようが、お客様たちはどっかで髪切るんだよ!」

って、ことになってしまう危険な言葉。

(メンタル弱ってたら心折れちゃいますよね…)

でも、

それが嫌なら、

「もっとお客様とも、自分とも、しっかり向き合えよ!」

「目の前に居るお客様を、その一瞬一瞬を大切に、その積み重ねしかない。」

焦る必要なんてないけど、

美容師の仕事っていうのは、

お客様からの支持が、シビアに数字で表れる仕事だということは覚えといてください。

当たり前ですよね。

どれだけ「真剣」に、どれだけ「本気」なれたかが、差となって表れる。

だから美容師は楽しい。

でも今回、中森不在にもかかわらず、

ほとんどの中森指名のお客様が、

ご来店くださったことは、

今までのスタッフみんなの頑張りのお陰だし、

DAZZLE hair Hが、お客様から信頼されている証拠だと思います。

「お前たち、よくやった!」

頼もしいです!

明日から現場復帰するけど、

「甘えんなよ!ww」

(て、逆に甘えないようにします。。)

経営者として

まだまだクソアマ経営者ですが、

これからもスタッフ全員が、

稼げる環境(言い方は汚いですが、、)をつくりだし、美容師として一生輝けるように努力して参ります。

そのためにも「高客単価」「高生産性」の軸をぶらさず、

皆様に喜んでいただける日本一のメンズ美容室を目指します。

この休み中、お客様には大変ご迷惑をおかけし、本当に申し訳ございませんでした。

お客様の心優しさが、今回スタッフを成長へと導いていただけたと思います。

心より感謝申し上げます。

明日からまた、宜しくお願い致します!

 

株式会社 ダズルハイ

代表取締役 中森 健介

wpid-16-02-15-20-49-55-008_deco.jpg

友達リクエスト、メッセージは、お気軽にしていただければと思います。
些細なことでも構いませんので、ご遠慮なくご連絡ください。
「いいな」と思っていただいた記事は、遠慮なくシェアしただければ幸いです。
ひとりでも多くの方に記事を読んでいただけたら、凄く嬉しいです。
お気軽にお願いします。
ダズルヘアーエイチ中森が提案する、常識にとらわれない、メンズ美容室ブログでした。

LINE`友だち追加

Instagramをフォローする

Instagram
あなたもダズルヘアーエイチで一緒に働きませんか?