名古屋を代表する"男のための美容室"DAZZLE hair H 代表 中森健介のオフィシャルBLOG固定観念を捨て、常識にとらわれない、メンズ美容室ブログ

ブログ

【儲かるサロンづくり】とは??

よくある質問で、

どうすれば、儲かるサロンがつくれますか?

という、質問をよくいただきます。

economy-816491_640

(儲かってるイメージを画像で表現。)

economy-904567_640

(ワッハッハァ~!ウェイウェイ!って、、、1$札だよこれw)

スミマセン…

その前に、

ウチだって、そんなに儲かってはいないです…

(皆さん勘違いなさっています。。)

答えは簡単です!

「たくさん新規のお客様にご来店いただき、リピートしていただく。」

これしかないと・・・

思っています。。

もちろん新メニューの導入や、サービスの改善、メニュー単価の見直し、店販なども大切だとは思いますが、

根本は、

「たくさん新規のお客様にご来店いただき、リピートしていただく。」

これだと思います。

cat-1099697_640

(見ているだけでは、何も始まりません。)

cat-602944_640

(行動あるのみ!シャーッ!!)

スミマセン…

儲けるとはいったい・・・?

この「儲ける」という感覚は悪くはないと思いますが、

「儲ける」とか「儲かる」の基準って・・・

人それぞれ違うと思いますし、

僕はこの発想は「ナンセンス」だと思っています。

それよりも大切なのは、

いくらいるの?っていう感覚

だと思うんですよ。

経営者さんなら、たくさ~んお金が残った方がいい訳で、

スタッフさんなら、

そりゃ~、たくさ~んお給料がもらえた方がいい訳で、

たくさん売上を上げて、たくさんお給料をいただければいいですよね?

では、いくらあればいいのでしょうか?

例えば、

夫婦2人でサロンを営んでいるとしたら、

月の技術売上が100万円で、巷では儲かっているとよく聞きます。

(何を基準に儲かっていると言っているのかは、わかりませんが…)

実際、生産性は50万円となります。

もしこれが夫婦ではなく、

自分とスタッフを1人雇っているとしたら、

生産性50万円でいいのでしょうか?

実際、ヤバいと思います。

なぜヤバいのか?

「スタッフの将来を潰してしまう。」

(可能性がある)からです。

当たり前ですよね。

生産性50万円では、

法人サロンであれば、社会保険加入は義務ですが大変です。

(従業員2名では、個人事業主だと思いますが…)

スタッフをもう1人雇うことさえもできません。

これではスタッフはいつまでたってもアシスタント状態。

そのうち辞めてしまうでしょう。

じゃ~、いくらいるの?

最低でも生産性60万円後半~70万円ぐらいはいると思います。

プラス店販生産性20万円~30万円ぐらいあると経営は楽ですね。

現状では、生産性40万円~50万円台のサロンさんが多いと伺っています。

この状況での問題点は、一番売上げれるスタイリストが十分な給与が貰えないことだと思います。

(これは、辛い、、)

これでは、モチベーションが続きませんし、疲れちゃいますよね。

美容師が売上を上げても十分な給与が貰えないのであれば、

いったいどこで評価されればいいのでしょうか?

給与以外ありませんよね。

正当な評価を給与でいただくことは当たり前です。

だからこそ「いくらいるの?」って感覚は必要ではないかと・・・

僕は「技術売上が140万円いかないのであればアシスタントを使うな!」とスタッフに言いたい。

(実際には言っています。。)

それは、「1人で売上げているんだ!」なんて勘違いして欲しくないし、

アシスタントの分までしっかり「飯を食わすことができる。」という責任を感じて欲しいからです。

そしてまた、そのアシスタントはそれを引き継いで欲しい。

このサイクルができれば、スタイリストはそこそこいい給与が貰えるはずです。

「やったら、やった分だけ。」

本来、美容師ってそういう仕事ですよね?

少なくとも僕は、そう思ってこの業界に入りました。

「自分の腕で稼ぐんだ!」なんてね。。

それは今でも変わりませんが、

経営者という立場になってからは、

「スタッフみんなに稼いで欲しい!」

という、思いの方が強いです。

これは、どのサロン経営者様も同じだと思います。

だからこそ

「たくさん新規のお客様にご来店いただき、リピートしていただく。」

ことが、一番の近道だと思います。

そのためにできることは、たくさんあると思います。

これからも「成長できる安定した環境」をスタッフと共に創り出す努力をするぞっ!

money-1015292_640

(「どぅよ!」)

money-1015277_640

(「とったどー!!!」)

スミマセン…

16-02-23-16-24-16-788_deco.jpg

友達リクエスト、メッセージは、お気軽にしていただければと思います。
些細なことでも構いませんので、ご遠慮なくご連絡ください。
「いいな」と思っていただいた記事は、遠慮なくシェアしただければ幸いです。
ひとりでも多くの方に記事を読んでいただけたら、凄く嬉しいです。
お気軽にお願いします。
ダズルヘアーエイチ中森が提案する、常識にとらわれない、メンズ美容室ブログでした。

LINE`友だち追加

Instagramをフォローする

Instagram
あなたもダズルヘアーエイチで一緒に働きませんか?